たかが仕事!されど仕事!仕事がすべて?

失敗したって「すべてがダメ」にはなりません。

 

最近、仕事のことで悩み、精神的に参ってします人が増加しています。

 

あなたは大丈夫ですか?

あなたの周りにそんな人はいませんか?

 

日本では、中高年の自殺者が多く、先進国の中でも高い水準です。

 

何故、そんなにも心を病んでしまう人が多いのか、

とても気になる問題です。

 

 

一つには、人生の一つの側面だけみて、

それがすべてだと思い込んでいる人が多いからでしょう。

 

 

言葉にすると簡単ですが、

このタイプの人が非常に多いので注意が必要です。

 

 

本来、人間には様々な側面があります。

一方がダメだからといって、

他の側面までダメということにはなりません。

 

 

ところが、一つの側面だけを見て

「これがすべてだ」と思い込んでしまっている人は、

そのたった一つのがダメになっただけで、

人生すべてが終わってしまったと思っています。

 

それだけ、視野が狭くなってるいるのです。

 

 

例えば、仕事ですが、

本来、生きるためにすることはすべて仕事になります。

 

お金が儲かるとか、上司に言われたとか、

そんなことは関係ありません。

 

しかし、

現実的には「外で働くこと」「会社に行ってお金を稼ぐこと」

だけを勝手に仕事だと思い込んでいる人が多いと思います。

 

まさに、その一面だけを見て、

それをすべてだと思い込んでいるのです。

 

もっと、ひどいのは

「その仕事が人生のすべて」だと考えている人も結構います。

 

いわゆる「仕事人間」です。

 

考えてみれば、

このタイプの人が心を病んでしまうのは当然のことです。

「仕事がすべて」だと思い込んでいる人は、

その「大事な仕事」が失敗したら、どうなってしまうのでしょうか。

 

「ああ、これで俺の人生も終わりだ」と思うのも当たり前です。

 

全体を見ずに、一つだけに固執すると、

そのたった一つが壊れただけで、

人の精神はクタクタに疲れてしまいます。

 

 

たとえ、仕事が上手くいかなくても、会社が倒産しても、

人生全体から見たら、ほんの一部に過ぎません。

 

 

一部が倒れただけで人生を悲観するなんて、

紛れもなく「勘違い」です。

 

 

子供を育てるのも、家族と過ごすのも、

お墓参りにいくのも、友達とおしゃべりするのも、

そのすべてが人生であり、その一つが失敗したからといって、

大した問題ではありません。

 

 

確かに、お金を稼ぐことは大切なことですが、

それが人生のすべてだとは思わないでほしいという事です。

 

 

お金を稼ぐ仕事が、特別なわけではないことを忘れないでください。

 

 

この記事を読まれて、ご意見・ご相談等ございましたら
コメント欄または、トップページ右上の問い合わせより
メッセージをお寄せください。

 

本日はお読みいただきありがとうございました。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

HIROTO_C


sbm%e8%a1%a8%e7%b4%99

↑↑画像をクリックして登録する
インターネットビジネス初心者さん向け動画総数120本超で徹底解説!無料コンテンツをプレゼントします。

mail3_6

メルマガ読者数
2016年 9月-7,000名達成
11月現在8,720名

ブログランキング参加中!!


youtube-channel

twitter

▲トップへ戻る