あなたの話など、誰も聞いてません!

 

どうしたらコミュニケーションが上手く取れるようになるのか。

そんな悩みを持っている方が多いですね。

仕事上で、人との付き合いは不可欠です。

当然、コミュニケーションも問われます。

 

 

コミュニケーションには、ツボがありますので、

それを意識するだけでも、コミュニケーション能力は向上します。

 

 

それは、

「あなたが言いたいことなど、相手は聞きたくない」

ということです。

 

これが、コミュニケーションの基本であり本質です。

 

ほとんどの人が、「自分の言いたいこと」を話してしまいます。

 

しかしそれでは、話す方が気持ちよくても、聞かされる相手は大概、苦痛です。

 

逆の立場になって考えれば分ると思います。

「私はこんなことが言いたい」

「私はこんな風に分かってもらいたい」

と自分本位で話す人と付き合いたいと思いますか。

 

 

つまり、その逆を考えるのが、コミュニケーションの極意なんです。

「どうしたら、相手が喜ぶか」

「何を聞きたがっているか」

を考え工夫することです。

 

コミュニケーションとは、「相手に喜びを与えること」

 

例えば、営業マンが何かの商品を売ろうとするとき、

「何とかして売りたい」

「とにかく買ってほしい」

とばかり考えていたとしたら、コミュニケーションなんて成立しません。

相手は退屈するだけで、営業マンに好感が持つこともないでしょう。

 

・相手が商品の説明を聞きたがっているのか

・自分が困っていることを話したがっているのか

・あるいは「さっさと、帰ってほしい」と思っているのか

 

相手の思いを捉えなければコミュニケーションは成り立ちません。

 

ましてや、いい仕事ができる訳がありません。

 

ミーティングや会議でも同じことです。

自分が発言するときは、

「自分の意見を言う場面」だと思っている人も多いようですが、

それは、自分勝手な考え方です。

 

話をするとは、「相手に喜びを与えること」

自分本位の押し付けなど、まったく意味がありません。

 

だからこそ、

「何を」

「どんなふうに」

「どんな言葉で」

「どんなトーンで話すのか」

を徹底的に考える必要があります。

 

自分の意見だろうが何だろうが、

「相手に届きやすいもの」

「相手が受け取って喜ぶもの」

を口にすることが、コミュニケーションの大前提です。

 

その意識さえ持っていれば、コミュニケーションはよりスムーズに、

快適になるはずです。

 

もし、難しい話になるようであれば、

「寝る準備をしてください」

くらいの冗談を言ってもいいかもしれません。(笑)

 

もちろん冗談ですが、相手のことを考えた場合、

そのくらいの配慮があってもいいと思います。

 

夢中で話す人ほど、自己統制がきかなくなり、

思いのまま話してしまうので、聞き手にはたまりません。

 

ですから、話をするときにもっとも大切なのは、自分をセーブすることです。

 

話し方がうまい、下手という前に、その段階をクリアしないと、

コミュニケーションが成立しないでしょう。

 

 

この記事を読まれて、ご意見・ご相談等ございましたら

コメント欄または、トップページ右上の問い合わせより

メッセージをお寄せください。

 

本日はお読みいただきありがとうございました。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

HIROTO_C


sbm%e8%a1%a8%e7%b4%99

↑↑画像をクリックして登録する
インターネットビジネス初心者さん向け動画総数120本超で徹底解説!無料コンテンツをプレゼントします。

mail3_6

メルマガ読者数
2016年 9月-7,000名達成
11月現在8,720名

ブログランキング参加中!!


youtube-channel

twitter

▲トップへ戻る