好き嫌いは、他人が決めること

 

「人に慕われたいのですが、どうしたらいいですか?」

という悩みを持たれている管理職の方も多いと思います。

 

組織に属して仕事をしていれば、

年齢やキャリアに応じて人の上に立つこともあるでしょう。

 

そんな時、

「どうしたら、私は部下から慕われるのだろうか?」

と考える人がいても不思議ではありません。

 

しかし、はっきり言って「どうしたら慕われるか?」

なんて考えていること自体、完全に間違っていると思います。

 

あなたを「慕うか慕わないか」は、相手が勝手に決めることです。

 

「慕われたい」

「信頼されたい」

と思うのは自由ですが、

そんなことを考えるようでは、他人から慕われませんよ。

 

逆の立場で考えてください。

 

あなたの上司が、あなたに仕事のやり方を教えてくれるとします。

 

その際、

「ああ、この上司は私に慕ってほしいんだな」と分かったら、

あなたはその上司を慕いますか。

 

そんなことはありえないでしょう。

 

「何だかこの上司、気持ち悪いな」と思うのが関の山です。

 

人間関係とはそんなもの、男女の関係だって同じです。

 

例えば、すごく好きな女性がいたとして、

「あの人に好かれたいな」と思ってしつこく追いかけても

「気持ち悪い」と思われ 敬遠されてしまうでしょう。

 

「慕われたい」「信頼されたい」

というのは、人間のエゴです。

 

そんな、考えが根底に流れていれていたら、

人との付き合いは決してうまくいきません。

 

仕事とは、

「相手のために役立つ事をすること」というのが基本です。

 

そして、コミュニケーションは「相手が喜ぶように話す」が基本です。

 

つまり、元々が相手のための行為なのです。

 

慕われるかどうかは、その結果に過ぎません。

 

自分が上司になった時

「部下が気持ちよく仕事をするために、こんなふうに変えてみよう」

とか

「こんなことを教えてあげたら、仕事がスムーズになるかもしれない」

と思って、ちょっとした配慮をしてあげる。

 

その行為が、部下のためになったら、

自然にあなたを慕うようになるかもしれませんし、慕われないかもしれません。

 

それは、相手が決めることで、あなたが関与できる問題ではありません。

 

もちろん、あなたは相手が慕ってくれてくれればうれしいでしょうし、

慕ってくれなければ残念な思いをすることでしょう。

 

でも、

「相手のために役立つことをする」という仕事の基本は何ら変わりません。

「慕ってくれるからやる」

とか

「慕ってくれないからやらない」

という話ではありませんので、勘違いしないでください。

 

「慕ってくれるか、くれないか」なんて相手の問題に意識を傾けるのではなく、

「相手の役に立つために、自分がどうすべきか」

という、仕事の基本に立ち返ることの方が、はるかに大切なことだと思います。

 

 

この記事を読まれて、ご意見・ご相談等ございましたら

コメント欄または、トップページ右上の問い合わせより

メッセージをお寄せください。

 

本日はお読みいただきありがとうございました。

Comment

  1. ヨシキ より:

    HIROTOさん、こんばんは!
    ヨシキです。

    会社に勤めているとホントに
    自分中心でしか考えられない人多いですよね。

    相手の為を考えて行動していない人が
    いかに多いことか・・・

    相手の為を思って仕事をして
    感謝されたときほど嬉しいことはないですよね!

    またお邪魔します!
    応援完了です♪

  2. HIROTO より:

    ヨシキさん

    ご訪問ありがとうございます。

    会社でのストレスの原因は、

    やはり人間関係になりますので、

    自分本位の考え方では、

    なかなかうまくいきませんので・・

    まあ、ひとつの考え方として

    意識してみてください。

     

     

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

HIROTO_C


sbm%e8%a1%a8%e7%b4%99

↑↑画像をクリックして登録する
インターネットビジネス初心者さん向け動画総数120本超で徹底解説!無料コンテンツをプレゼントします。

mail3_6

メルマガ読者数
2016年 9月-7,000名達成
11月現在8,720名

ブログランキング参加中!!


youtube-channel

twitter

▲トップへ戻る