お金なんて、そんなに価値があるものなんですか?

 

「もっとほしい、もっとほしい」で

心をすり減らさないために

 

 

お金とは、いったいどんなものなのか。

仕事について考える時、お金の話は切っても切れないと

考えらている人も多いでしょう。

 

では、なぜお金は大事なのでしょうか。

 

なかなか難しい問題です。

果たしてお金とは何なのでしょうか。

現在は、お金がなければ生きていけないという

くらいの世の中になっていますが、

長い歴史を考えれば、 お金というのは、つい最近生まれたものに過ぎません。

 

人類の歴史は何十万年も続いていますが、お金が登場したのは、

せいぜい2,000年から3,000年前というごく 最近のことです。

 

物々交換していた時代に、もう少し便利にやりとりしようと思い、

つくられたものがお金の起源です。

 

私たちが何かについて考えるとき、

「ものの価値」を正確にとらえることが肝心です。

お金も同じです。

 

お金というのは交換の利便性を高めたもので、

お金そのものに価値があるということではありません。

 

もっと言えば、物事に数字を当てはめたもの、それがお金です。

 

価値があるのは、「物事」の方で、決して「数字」ではありません。

 

 

こんなことを言うと、

「そんなこと誰でも知っている」

「わざわざ言われることでもない」

という人が大勢いますが、 確かに頭では理解していると思います。

 

しかし、仕事について考えるとき、

あなたは本当にその大前提を理解しているでしょうか。

 

何かの事業を起業するとき、

「これはお金になりそうだ」と考えたりしませんか。

 

就職先を決めるとき「ここは給料が高いから」と

優先順位を高くすることはありませんか。

 

 

これは、あきらかに、

「ものの価値」より「お金の価値」を優先している証拠です。

 

本来、お金というのは、誰かの役に立つ仕事をして、

その「ありがとう」の代わりに発生しているものです。

 

 

あなたが、

「どんな事業をしようか」

「どんな仕事に就こうか」を考える際は、

「どうしたら自分の力が相手のためになるか」

を考えることが第一です。

 

 

その結果として、わずかばかりのお金がついてくるかもしれません。

 

お金とはそういう位置づけにあるものです。

「儲かりそうだから」

「給料が高いから」

という発想に冒されている人は、

やはり「お金の価値・意味」を本質的には理解できていません。

 

 

お金の価値や意味を忘れて、お金に振り回されてはいけません。

 

お金には便利な面もありますが、

それが「価値のすべて」になってしまったら、

それはどんでもない間違いです。

 

 

お金に支配されないためにも、

私たちは「お金の本当の価値」を正しく理解するべきなのです。

 

 

この記事を読まれて、ご意見・ご相談等ございましたら

コメント欄または、トップページ右上の問い合わせより

メッセージをお寄せください。

 

本日はお読みいただきありがとうございました。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

HIROTO_C


sbm%e8%a1%a8%e7%b4%99

↑↑画像をクリックして登録する
インターネットビジネス初心者さん向け動画総数120本超で徹底解説!無料コンテンツをプレゼントします。

mail3_6

メルマガ読者数
2016年 9月-7,000名達成
11月現在8,720名

ブログランキング参加中!!


youtube-channel

twitter

▲トップへ戻る