漠然と時間を過ごすことは、無駄なこと

 

漠然と時間を過ごすことは、無駄なこと

 

目に見える変化を起こすためには、必要なこと

 

 

 

ここに、野球が好きな少年がいて、1万回の素振りをするとしましょう。

 

 

普通、1万回バットを振れば、それなりに上達するでしょう。

では、この少年はどのタイミングで上達しているでしょうか?

10回目、100回目、500回目でしょうか?

 

あるいは、1万回目に上達しているでしょうか。

これは、単純なようで難しい問題です。

「1万回素振りをすれば、上達する」といっても、

1万回の素振りを終えた瞬間に突然うまくなる訳ではありません。

 

実際に、1回、2回、3回という繰り返しの中で

少しずつ上手くなっている訳です。

 

逆にいえば、1回目、2回目、3回目に少しずつ変化し、

成長していなければ、1万回の素振りをしても成長は見込めません。

 

まさに、ここに「時間の本質」が隠されています。

 

素振りは1万回やったとしても、その瞬間、瞬間は1度しかなく、

その都度成長していなければ、時間は無駄になってしまいます。

 

ひょっとすると、

多くの人が「自分は代わり映えのしない毎日をだだ漠然と暮らしている」

と感じているのかもしれません。

 

しかし、それは大きな間違いです。

 

もしそうだとしたら、実に残念な時間の浪費、命の無駄遣いになります。

 

1回、1回の素振りを無駄にしているのと同じになります。

 

私たちは、いまという時間を大事にして成長していかなければなりません。

 

本来は、「変わり映えのしない1日」など、存在しないのです。

 

ただ、私たちはその変化を体感できていないだけです。

 

この体感できる変化というものは、

積み重ねからしか生まれないものだからです。

 

一期一会という有名な言葉がありますが、

「人と会うとき、その出会いは1度きり」

という意味にとられがちですが

 

この言葉の本来の意味は、

「人に会うこと」に限ったことではありません。

 

もっと広い意味合いで、

「すべての物事との出会いは、たった1度しかない」

というのが本当の意味です。

 

すべての物事とは、「時間との出会い」にほかなりません。

 

時間管理の基本とは、

「今というたった1度しかない瞬間をどう生きるか」に尽きます。

 

単純に時間を区切って、「そこで何をするか」という

スケジューリングの話ではありません。

 

すぐに消えさっていく時間、その積み重ねの中で自分がどう変わり、

成長していくのかを意識する。

 

これこそが、「命」という時間を活かす管理術です。

 

あなたは、「いま」というかけがえのない時間を無駄にしていませんか?

 

 

 

この記事を読まれて、ご意見・ご相談等ございましたら

コメント欄または、トップページ右上の問い合わせより

メッセージをお寄せください。

 

本日はお読みいただきありがとうございました。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

HIROTO_C


sbm%e8%a1%a8%e7%b4%99

↑↑画像をクリックして登録する
インターネットビジネス初心者さん向け動画総数120本超で徹底解説!無料コンテンツをプレゼントします。

mail3_6

メルマガ読者数
2016年 9月-7,000名達成
11月現在8,720名

ブログランキング参加中!!


youtube-channel

twitter

▲トップへ戻る