人の役に立つことは、楽しいこと

 

人の役に立つことは、楽しいこと

 

 

誰かとコンビを組んでひとつの仕事をすると、

相手の能力が低いことにイライラしたりしたことはありませんか?

 

デキの悪い部下を持って

「なんで、こんなこともできないんだ」

と怒鳴ってしまったことはありませんか?

 

これもよくある仕事上での悩みです。

 

ひとりで仕事をしている人は稀ですから、

結局他人との能力の差に悩まされることも多いと思います。

 

能力が低い人は、同じ仕事をするにも人一倍時間が掛かったり、

「ここは、どうすればいいんですか」

「このやり方を教えてください」

とかしょっちゅう声をかけてきます。

 

その度にあなたは、仕事を中断して教えなければなりません。

イライラが溜まって爆発することもあるでしょう。

 

実際に、自分の職場を想像してみてください。

 

あなたの邪魔ばかりする人、足を引っ張る人の顔が、

一つや二つ思い浮かぶでしょう。

 

しかし、ここが考えどころです。

 

能力が低い人に対して、イライラする気持ちはわかります。

ですが、ちょっと視点を変えてみると、

この瞬間こそ、人の役に立てる場面ではないでしょうか。

 

「仕事とは、人の役に立つことをすること」

という前提を思い出してください。

 

わからない人がいれば、教えてあげる。

困っている人がいれば、助けてあげる。

 

これこそ仕事を楽しい、喜びを感じる瞬間ではありませんか。

「仕事がつまらない」

「周りにロクな人材がいない」

と文句をいう人ほど、自分の都合や希望を周りに求めているばかりで、

「人の役に立つ」ということを忘れています。

 

結局、それは自分本位で働いているに過ぎません。

 

「アイツのせいでオレの仕事がうまくいかない」

と愚痴をこぼすのも、

裏を返せば

「オレは、誰にも邪魔されずに自分の思うように仕事を進めたい」

と自分のわがままを 大声で言っているようなものです。

 

その発想自体が根本的に違う考え方です。

 

もともと仕事をするからには、

「どうしたら人の役に立つのか」

「周りは何を求めているのか」

を考え、行動するのが当たり前です。

 

あなたがやりたいことをするのではなく、

「社会や人が、あなたに求めていること」をやるのが仕事です。

 

その目的を達成したときにはじめて、

「人の役に立てた」「感謝された」「喜んでもらえた」

という満足感が得られるのです。

 

まさにそれが仕事です。

 

周りにあれこれ文句を言うのは、

結局のところ「仕事の本質」が理解できていない証拠です。

 

本当に何が自分にとって大切なことなのかを、

自問自答してみてください。

 

 

この記事を読まれて、ご意見・ご相談等ございましたら

コメント欄または、トップページ右上の問い合わせより

メッセージをお寄せください。

 

本日はお読みいただきありがとうございました。

Comment

  1. ヤス より:

    HIROTOさん、こんばんは。

    記事を読んで、なるほどと思いました。
    仕事が遅い人とかいると、イライラしてましたけど、
    そうであってはいけないのですね。

    仕事とは、人の役に立つことをすること。
    そして、確かに人の役に立つことは、
    楽しいですよね。

    これは忘れてはいけないことですね。

    ためになる記事をありがとうございます。
    応援完了しました。
    またお邪魔しますね。

  2. HIROTO より:

    ヤスさん

    ご訪問ありがとうございます。
    イライラすることもありますので、
    何事も人の役に立つことと思って
    過ごす方が幸せです。

    今後とも宜しくお願いします。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

HIROTO_C


sbm%e8%a1%a8%e7%b4%99

↑↑画像をクリックして登録する
インターネットビジネス初心者さん向け動画総数120本超で徹底解説!無料コンテンツをプレゼントします。

mail3_6

メルマガ読者数
2016年 9月-7,000名達成
11月現在8,720名

ブログランキング参加中!!


youtube-channel

twitter

▲トップへ戻る