集客数が同じでも、売上が10倍変わってしまうテクニック!

 

もし、あなたが

・ブログの読者さんをお客様に変える方法が分からない。

・ブログやメルマガ、フェイスブックを始めたいが何を書けばいいか分からない。

・読者を惹きつけるコンテンツの作り方が分からない。

といったことに悩んでいるのなら、

 

このライティング教材が役立ちます。

⇒ 詳細は、こちらから

ブログ、フェイスブック、メルマガ、Twitterといったメディアを

使って集客しようすると必ずぶち当たる壁・・・

 

それが、

”面白いコンテンツが作れない” =【面白い文章が書けない】

ということです。

 

事実、ある米国の調査によると、

コンテンツ・マーケティングの課題の1番は

「夢中にさせるコンテンツを作れないこと」で、全回答の41%を占めています。

・いくら、YouTubeなどの新しいメディアを取り入れても・・・

・いくら、多くのメディアを使っても・・・

・いくら、1日に3回も5回も記事を更新しても・・・

結局のところ、面白いコンテンツが作れなくては何の価値もありません。

 

では、 お客さんを集める文章と見向きもされない文章は何が違うのか?

お客さんをファンにする文章とそうでない文章では何が違うのか?

 

売上に直結する文章と

「いい話聞いたなぁ」で終わる文章では何が違うのか?

 

その答えは、こちらに隠されてます!

⇒ 詳細は、こちらから

 

売れる文章が書けるようになるにはいくつかのコツがあります。

具体的な部分だけで分かりやすく言えば、

売れない理由には、

・言葉の強調の仕方が悪い

・文章の構成が悪い 大きく分けてこの2パターンになります。

 

しかも、 売れる人の文章にはインパクトがあります。

 

それは、 文章全体の中でポイントを強調し、 しっかり誘導しているからです。

 

その誘導方法として、

具体的には、 キーワードとなる部分を目立たせるテクニック、

そして全体的には、要点のインパクトが残る構成テクニックを駆使しています。

 

コピーライティングをマスターすれば、

こちらが、本当に伝えたいことを読者さんに伝え、

行動してもらえる文章を書けるようになります。

 

コピーライティングスキルが書かれた文章とそうでない文章とでは、

売上に2倍、3倍 あるいは、10倍程の違いがでることもあります。

 

売れる人の文章はそれほど売れるし、

逆に売れない人の文章は、可哀想なくらい売れないのです。

 

要するに、

せっかく集めたお客様に、 どうアプローチしたらいいのか分からず、

集めたお客様をキャッシュ(売上)に変えることができず、

ビジネスとして成り立たなくなってしまいます。

 

趣味としてならば問題ありませんが

また、好き嫌いの感情はあると思いますが、

ビジネスとしての視点では、売上が出なければ何の意味もありません。

 

もちろん、 文章力以外の、

・集客方法

・集客数

・商品作成または広告選定

・ブランディング

等も非常に重要です。

 

さらに、 ライティングスキルの全てがクリアできれば

あなたのビジネスは、一気に成功へと加速できるでしょう。

 

是非、こちらの教材をご覧になってください。

因みに、365日以内全額返金保証付きなので

万一、内容に不満でも実質費用は発生しません。

⇒ 詳細は、こちらから

是非、あなたのビジネスに役立ててください。

 

 

この記事を読まれて、ご意見・ご相談等ございましたら

コメント欄または、トップページ右上の問い合わせより

メッセージをお寄せください。

 

本日はお読みいただきありがとうございました。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

HIROTO_C


sbm%e8%a1%a8%e7%b4%99

↑↑画像をクリックして登録する
インターネットビジネス初心者さん向け動画総数120本超で徹底解説!無料コンテンツをプレゼントします。

mail3_6

メルマガ読者数
2016年 9月-7,000名達成
11月現在8,720名

ブログランキング参加中!!


youtube-channel

twitter

▲トップへ戻る