利益力パワーアップ会社改造大作戦 著者: ミカ・ソロモン

利益力パワーアップ会社改造大作戦

著者: ミカ・ソロモン

→  詳細は、こちらから

 

顧客が口にしない願望

 

もし、あなたが

・ヒットを連発する会社とそうでない会社の違い

・顧客がお金を払ってでも解決したい悩みや問題

・クチコミで広がる会社の特徴

・リピート率の高い商品とそうでない商品の違い

といったことに興味があるなら

この本 「利益力パワーアップ会社改造大作戦」 は、

とても参考になるかもしれません。

詳細は、こちらから

 

世の中には在庫の山を築く全く売れない商品がある一方、

飛ぶように売れていく商品もあります。

 

運良く売れる商品に巡り会えるとビジネスは大成功できますが、

売れない商品を掴んでしまうと貧乏クジを引くハメになります。

 

ところが、困ったことに商品が売れるか売れないかは

実際に商品を売ってみないと分かりません。

 

商品が売れるかどうか知っているのは唯一、顧客だけなのです。

ですので、多くの企業はアンケートなどに多額の費用を使って調査をするわけです。

 

ところが、ここで1つ問題があります。

実は顧客自身も本当に欲しい商品が何なのか分かっていないのです。

実際、マクドナルドの原田元社長もアンケートをとると

必ずヘルシーな ラップサンドやサラダがほしいと要望があって

商品化したけども売れたためしがない。

 

ヘルシーなサラダでなくメガマックが売れる。

と言っているようにアンケートで答える

「欲しい商品」と 実際にお金を払って買う商品は違うのです。

 

では、どうすれば彼らが口に出さない隠れた欲求を見つけられるのでしょうか?

 

この本、利益力パワーアップ会社改造大作戦によると、

詳細は、こちらから

 

【著書概要】

ニコラ・ゲゲンという行動学者は、 文字どおり「タッチ」の効用を証明した。

それは彼が自分でさんざん実験を繰り返した賜物だ。

想像すると薄気味悪いが、 すなわち相手の腕に軽くタッチすると、

望みのものを手に入れる可能性が倍増するという。

たとえば誰かを慈善活動に誘いたい、 街で出会った素敵な人に電話番号を聞きたい、

あるいは会議でおとなしい新人に 割の合わない仕事を押しつけたい──。

そんなときは相手の腕に軽くタッチしてみるといい。

ほかにもゲゲンは、スーパーマーケットで腕に軽くタッチしながら

試食を勧めると 商品を買ってもらえるという本書のテーマに関連があることも証明している。

当然、私たちは顧客の腕に 実際にタッチすることなどできない。

私の知る限り、インターネット上では不可能だし、

面と向かって実行すればきっと誤解されてしまう。

記憶に残るような顧客サービスを提供したければ、

ある意味、顧客にタッ チする必要がある。

顧客にタッチすること──。

それはすなわち、顧客の心を動かすことだ。

そしてそれが、本書のテーマである。

 

目次

はじめに

1部 時代性と不変性

第1章 顧客動向 21世紀の6つの潮流

第2章 不変の顧客ニーズ 4つの価値を提供する

第3章 顧客サービス 一流企業vs.三流企業

第2部 予測型顧客サービス

第4章 AppleとGoogle 現代の最先端企業

第5章 予測型サービス企業文化のつくり方

第6章 予測型サービスリピートを生む人材獲得育成術

第7章 自主性vs.規範 売り上げを上げるエンパワーメント

第3部 ソーシャルメディアの台頭とその対策

第8章 セルフサービスの台頭従業員はもう不要?

第9章 テクノロジーの進歩 売り上げが激増するチャンス

第10章 顧客の負担を肩代わりする

第11章 アンチ・ソーシャルメディア 売り上げを上げる情報発信

第12章 ソーシャルサービス ソーシャルメディアでリピートを生む

第13章 傾聴力 ソーシャルメディアで顧客の声を聴く

 

【著者紹介】

ミカ・ソロモン 顧客サービスとマーケティングの戦略家。著者。講演者。 テクノロジーとホスピタリティーを両立させた独自の経営手法が多くの企業の業績回復に貢献したことから「カスタマー・サービスの新教祖」と呼ばれる。セス・ゴーディンの著者『「紫の牛」を売れ!』(ダイヤモンド社)でも絶賛されている。金融、自動車、フードサービス、金融サービス、法律分野、情報サービス、小売、医薬品、医療サービスなどさまざまな業界で講演を行う。ベストセラー『リッツ・カールトン 超一流サービスの教科書』(日本経済新聞出版社)の共著者でもある。リッツ・カールトンやマリオット・インターナショナルなど世界を代表するサービス企業の多くの経営者と懇意にしている。 ABC、NBC などのテレビ番組に出演したほか、ビジネスウィーク、ボストン・グローブ、ウォールストリートジャーナルなどにも寄稿。現在はウェブサイト「College of the Customer」を運営している。

 

 

この記事を読まれて、ご意見・ご相談等ございましたら

コメント欄または、トップページ右上の問い合わせより

メッセージをお寄せください。

 

本日はお読みいただきありがとうございました。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

HIROTO_C


sbm%e8%a1%a8%e7%b4%99

↑↑画像をクリックして登録する
インターネットビジネス初心者さん向け動画総数120本超で徹底解説!無料コンテンツをプレゼントします。

mail3_6

メルマガ読者数
2016年 9月-7,000名達成
11月現在8,720名

ブログランキング参加中!!


youtube-channel

twitter

▲トップへ戻る