一番効率的な「学ぶ」方法とは!

 

人間には、学ぶ方法が3つあります。

 

 

 

・人から学ぶ

・本から学ぶ

・旅から学ぶ

以外に学ぶ方法を持たない動物です。

 

自分自身を振り返ってみれば、

この3つの方法の中では

「本から学ぶ」

ウェイトが一番高かったような気がします。

 

そこで、今日は、本から学ぶことの効用に

ついてお話させていただきます。

 

読書は効率性が高い。

 

例えば、

あなたが九州に住んでいて、ソフトバンクの孫正義さんに

直接会って話を聞きたいと考えた場合、

 

飛行機のチケットを買って東京に飛び、

1ヵ月滞在して毎日会社に通ったとしても、

特別なコネがなかったとしたら、

孫正義さんに会える確率は限りなくゼロに近いでしょう。(笑)

 

しかし、 孫正義さんの話は、実は1,500円も出せば、

ゆっくりと聴くことができます。

 

「孫正義名語録 事を成すためのリーダーの心得100 」

等の著書を買って読めばそれで足りる訳です。

 

このように、読書は人に会うことや旅に出ることに

比べれば、経済的に効率が高い。

 

生涯に人と会える機会には、物理的・時間的に限界があります。

 

これが読書の費用対効果が優れているところです。

 

このことは同時に、読書が著者との対話で

あることを教えてくれています。

 

人に会って話を聴く時は、

じっくりと相手の話に耳を傾ける必要があります。

読書も同じことだと思います。

 

最近では、Youtube等の無料メディア等で

知識を補強することが出来ますが、

 

本質的には、知識を深めるためには、

常に本を手元に置いておいて必要な時に

必要な箇所を読み、知識の補強が行えます。

 

また、知識はほしいがお金を掛けたくない

という人がいますが、

そもそも、その姿勢自体が間違っていると思います。

 

世の中の成功している人が、 口を揃えて言っていることですが、

「身銭をきらないと、何事も身につかない」 ということです。

 

これは、真理だと思います。

 

例えば、学生時代を思い出してください。

教科書や参考書を購入したと思います。

 

学生時代は、親が購入してくれて、

たいして有難みがなかったと思います。

 

社会人になってからは、仕事上自分で必要な知識を

吸収するためには、 専門の本を自分で買わなければなりません。

 

図書館で借りればいいという考えの人も いると思いますが、

果たして身につくでしょうか。

私には、疑問が残ります。

 

それは、人間は24時間以内に覚えていたことの

90%を忘れる動物だからです。

最低、72時間以内に行動に移さなければ

その後、行動できないとも言われています。

 

当然、借りたものは返さなければなりません。

 

先程、説明した通り、 所有すれば、あなたの手元に残り、

いつでも 読み返すことが出来ます。

 

これから、あなたがビジネスを行っていくためには、

必ず新しい考え方や知識を吸収する必要性に迫られる場面があります。

 

結論として、 読書が一番費用対効果が高く

優れた「学ぶ」方法だと言えます。

 

あなたは、賢明な方だと思いますので、

必ず理解してくれることでしょう。

 

もし、 今後は必要な知識を本から得たい時には、

自分自身で経済的な犠牲を払っていただきたいと思います。

 

必ず、あなたの資産になりますので・・・・。

 

 

この記事を読まれて、ご意見・ご相談等ございましたら

コメント欄または、トップページ右上の問い合わせより

メッセージをお寄せください。

 

本日はお読みいただきありがとうございました。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

HIROTO_C


sbm%e8%a1%a8%e7%b4%99

↑↑画像をクリックして登録する
インターネットビジネス初心者さん向け動画総数120本超で徹底解説!無料コンテンツをプレゼントします。

mail3_6

メルマガ読者数
2016年 9月-7,000名達成
11月現在8,720名

ブログランキング参加中!!


youtube-channel

twitter

▲トップへ戻る