ビジネスの本質は、他者への価値の提供から・・・・・

こんにちは、HIROTO です。

私が会社に入って間もない頃に体験し、良き気づきを得た話をします。

当時、社会人として歩み始めた私をトレーナーとして指導して
いただいた3年程先輩であるAさんとの出来事です。

その方は、仕事上のことやプライベートでも交流があり、
人間的にも信頼できる方です。

Aさんは、仕事ができるのはもちろんですが、
とにかく勉強熱心で仕事に関する情報収集には

お金と時間を惜しまないという徹底ぶりで
私もよく本屋に付き合わされることがありました。

私が困っている時には、声をかけ時間を割いていただき相談に乗って
いただいたり、ある時は、仕事上で調べたいことがあり、

Aさんに相談したときには、本を貸してくれたり、
的確なアドバイスもしていただき非常に助けられた経験もあります。

その後も、度々困ったときには、自分の仕事を中断してまで助けてくれました。

ところが、3年後の春の人事異動でAさんが転勤されることになりました。

寂しい気持ちはありましたが、栄転ですから気持ちよく送り出しAさんの
今後の活躍を願っていました。

一方、当時の私には数名の後輩がいましたが、
特に相談されることも指導することもなく自分自身の仕事をこなすだけで、
上司や周りの評価も中程度だったと思います。

その後、Aさんは順調に出世をされ、当時の若手ではトップクラスの昇進をされました。

そんな時に、ふと考えました

「Aさんと私との違いは何だろうと?
仕事での業績は、勝るとは言えないがたいして変わらない。

しかし、客観的に考え直すと後輩と上司からの信頼を得ていない自分に
気づいたのです。

さっそくAさんに相談すると、いくつかの質問を受けました。

・将来、この会社でどうなりたいのか
・会社にどう貢献したいのか
・職場の周りの人を助けているか
・将来のために自己啓発しているか
・自分自身に投資しているか

等・・・・・

当時の私は、何も答えることができませんでした。

正直、当時の私は何も考えていませんでした(笑)

すると、Aさんはこんなアドバイスしてくれました。

「将来どうなりたいかを考えることも大切だけど」
「まずは、身の周りの人の助けになることから始めてみたら」
「あと、誰か自分が理想とする人のマネをしてみたら」
「必要な情報は身銭を切らないと身につかないよ」

と言われました。

当時はあまり深く理解できませんでした。

ただ、それ以降本だけは借りるのではなく身銭をきって購入しています。

現在の解釈

本当の意味で、自分を大切にするということは、周りにいる人に
対して価値を与えることによって信頼という財産が築かれるという
ことを指摘されたのだと思います。

ビジネスにおいては、他者に対し何らかの価値を提供し、
その見返りとしてその価値に見合った報酬が得られる。

現在、私が副業で行っているアフィリエイトにも
共通する考え方だと思います。

日頃から、ブログ読者の方に価値を提供する事を第一に考え、
自己啓発に励む必要性を感じています。

教訓として

「他者に価値を提供することで、信頼という財産が築かれる」

「知識は身銭をきらないと身につかない」

あなたも、気づきを得たことから少しずつ改善してみてはいかがでしょうか

この記事を読まれて、ご意見・ご相談等ございましたら
コメント欄または、トップページ右上の問い合わせより
メッセージをお寄せください。

本日はお読みいただきありがとうございました。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

HIROTO_C


sbm%e8%a1%a8%e7%b4%99

↑↑画像をクリックして登録する
インターネットビジネス初心者さん向け動画総数120本超で徹底解説!無料コンテンツをプレゼントします。

mail3_6

メルマガ読者数
2016年 9月-7,000名達成
11月現在8,720名

ブログランキング参加中!!


youtube-channel

twitter

▲トップへ戻る