機会(チャンス)を掴むための準備を忘れない

 
機会(チャンス)を掴むための準備を忘れない
 
 
チャンスというものは、
誰にでも平等にやってくるものです。
 
それを掴むか逃すかは、日頃の心掛け次第だと思います。
 

例えば、「因縁を結ぶ」という言葉があります。
 

これは、
 
「ある場所に2本の梅の木がありました。
 寒い冬の間に、1本の梅の木は春風が吹いたら
 直ぐに花を咲かせるようにずっと準備をしていました。」
 
「もう1本の梅の木は、春風が吹いたら咲かせる準備を
 始めようとしていました。」
 

寒い日が続いていた中、ある日突然に春風が吹きました。
 
しかし、それは1日だけで、
また翌日からはまた真冬のような寒さに戻ってしまったのです。
 

すると準備をしていた梅の木には、可憐な花が咲きましたが、
もう1本の梅の木は、せっかくの春風に花を咲かせることが
出来なかったという話です。
 
 
 
因縁を結ぶためには、心の準備を怠ってはいけません。
 

何故なら、ある日突然に素晴らしい縁が
やってくるかもしれないからです。
 

その最初の縁をうまく捉えれば、
その縁が次々と良縁を運んでくるかもしれません。
 

これが「縁起がいい」ということで、
「縁起が悪い」とは、
まさに最初に悪い縁を結んでしまったということです。
 

例えば、会社で仕事を頼まれたとします。
 
面倒な仕事だから誰もやりたくないとします。
 
そんな時は、最大のチャンスがそこにはあると考えてください。
 
他のみんなが嫌がる仕事にこそ、
積極的に手を挙げて結果を残せば、次々といい仕事が入ってくる。
 

これが、良い仕事を縁を結ぶということです。
 
どんな仕事にも不必要なものなどなく、
良い悪いなどというものはありません。
 

とにかく目の前にやってきた仕事を
一生懸命にやることが大切です。
 

春風は1度しか吹かないかもしれません。
その一瞬を見逃さないように心がけましょう。
 
いかがでしょうか。
あなたの仕事のヒントになりましたか?
 
 
 
この記事を読まれて、ご意見・ご相談等ございましたら
コメント欄または、トップページ右上の問い合わせより
メッセージをお寄せください。
 
本日はお読みいただきありがとうございました。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

HIROTO_C


sbm%e8%a1%a8%e7%b4%99

↑↑画像をクリックして登録する
インターネットビジネス初心者さん向け動画総数120本超で徹底解説!無料コンテンツをプレゼントします。

mail3_6

メルマガ読者数
2016年 9月-7,000名達成
11月現在8,720名

ブログランキング参加中!!


youtube-channel

twitter

▲トップへ戻る