身の丈にそぐわないことは断る勇気を

身の丈にそぐわないことは断る勇気を
 

一般的に、会社での仕事というものは
チームワークで成り立っています。
 
何故なら、お互いに補い合うことで成果が生まれるからです。
 

自分の手に余る仕事は他の人に手伝ってもらったり、
あるいは同僚の仕事を手伝ったり、
チームで助け合いながら進めていくことが多いと思います。
 


そうした中では、誰かに助けを求められれば、
何とか力になってあげたいと思うのが心情です。
 

自分の仕事があるのに手伝ってあげたいと
思う気持ちは大切なことですが、
やはり安請け合いをしてはいけません。
 

他人から頼まれごとをされると、何でも引き受ける人がいます。
 

もちろん時間的にも余裕があるのであれば構いませんが、
自分の仕事が精一杯なのに仕事を増やすことは、
結果として周りに迷惑をかけることにもなりかねません。
 

まず、何かを頼まれれば、
自分の力量や時間配分を冷静に考えることです。
 

そのためには、頼んできた仕事の全体像を把握した上で、
この部分ならば手伝うことが出来る。
 
それ以上のことは自分には自信がないので、
部分的に引き受けることです。
 
このように、はっきり
 
「できること」
  と
「できないこと」を伝えることが大切です。
 

それで相手も安心して任せられます。
 

自分の力量を超えたものは、はっきり断ること。
それが仕事における礼儀だと思います。
 
 
 
最後に、
 
禅の言葉に、
「下載清風付與誰」
(あさいのせいふうたれにかふよせん)があります。
 

すべても荷物を降ろして、順風を受けて水面を走る気持ちよさは、
誰にも味わうことが出来ないという意味です。
 

要するに、
自分の力量に合った仕事のみに集中することで、
どんなに魅力的な仕事であっても、
現在の自分の状況や身の丈にそぐわないものは断りましょう。
 

その一方で、一度引き受けた仕事は確実にこなすことで
信頼が得られるようになります。
 
 
 
あなたの仕事のヒントになりましたか。
 

この記事を読まれて、ご意見・ご相談等ございましたら
コメント欄または、トップページ右上の問い合わせより
メッセージをお寄せください。
 
本日はお読みいただきありがとうございました。
 
 

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

HIROTO_C


sbm%e8%a1%a8%e7%b4%99

↑↑画像をクリックして登録する
インターネットビジネス初心者さん向け動画総数120本超で徹底解説!無料コンテンツをプレゼントします。

mail3_6

メルマガ読者数
2016年 9月-7,000名達成
11月現在8,720名

ブログランキング参加中!!


youtube-channel

twitter

▲トップへ戻る