どちらのビジネススタイルを選択されますか?

VIP裏メルマガでは、表ではお伝えできないマル秘の情報を配信しています!
VIP裏メルマガ購読者限定の特典や独自コンサルティング企画等を順次お伝えしていきます。


【注 意】
※普段お使いのメールアドレスで登録して下さい。
※名前は、漢字(苗字のみOK)でお願いします。
※尚、このVIP裏メルマガはいつでも解除出来ます。


副業? 独立・起業? どちらのビジネススタイルを選択されますか? 



 

ネットビジネスにおける2つのビジネススタイルについて解説しています。

 

どちらのビジネススタイルを選択されますか?

今の世の中、あらゆる環境が変化している。
多くのリスクも存在する。

・給与、賞与カット
・リストラ、倒産
・消費増税、医療介護問題、年金問題
など・・・etc

あなたは、理解しているはずです。

日本経済が衰退の一途を辿っていることを、
毎日、朝から晩まで働いても貧しい労働者、崩壊寸前の年金制度、
加速度的に進んでいる格差社会、
しかも、人工知能技術の発達により奪われていく職場環境・・・・・

 

以前のように、

いい大学に入り一流企業に就職できれば一生安心という
世の中ではなくなりました。
 

高学歴神話も、今は影を潜めている時代!
 

しかし、だからと言って今すぐ会社を飛び出して起業・独立してはならない。


神話が崩壊したとしても、まだ会社員でいるメリットはある。

 

会社員でいるメリット

・毎月、定額の給料
・年に1~2回のボーナス
・労働基準法の保護
・有休休暇 ・福利厚生
・年金 など・・・

起業・独立すれば、これらが一気になくなり、何の保証もなくなる。


少なくとも、毎日会社に行けば、
毎月、決まった金額が振り込まれるという安心感は否定できない。

ここで、厳しいことを言うと
副業で、稼げない人が独立起業して稼げる訳がない。
 

こんな人は、独立・起業できない

「本業が忙しいから」
「作業する時間がないから」
「スキルや経験がないから」

このようなことを言っている間は、 独立・起業なんて夢のまた夢!

私の友人で、以前は会社員をやっていて
現在、起業して成功している人は、
副業の時から成果を出していた人がほとんど、
副業時代から本業を上回る報酬を得ている。

それくらいの実績がなければ、起業・独立は 難しい。

時間がないとか、環境や他人のせいにするのではなく、
自分で工夫して効率的な方法を考えたり出来れば、
起業・独立後も成功する可能性は高くなる。

 

私が薦めるビジネススタイル

【起業】もしくは【会社員】 という二者択一ではなく、

もっと柔軟なビジネススタイル!
 

下記の2つの選択肢から考える。

1.起業ベース副業型 

2.会社員ベース副業型 

 

1.起業ベース副業型

将来的に、起業・独立を見据えながら、まずは副業で充分な収入を獲得する。

本業での会社員としてのメリットを生かしつつ、
ネットビジネスで基盤を構築していく方法。

ネットビジネスで独り立ちできるスキルと経験を培い
充分な資金を得た上で、独立・起業を目指します。
 

但し、最初から趣味ではなく、ビジネスという意識で
取り組むことをオススメします。

 

2.会社員ベース副業型

あくまで会社員を続けることが基本で、確実に会社員としての
給与を確保しながら、ネットビジネスで基盤を構築していく方法。

あくまで、副業での収入は補助的なものとして
キャッシュポイントを2つ持つことにより、
経済的あるいは、精神的な余裕が生まれ、

万が一将来、倒産やリストラ等のピンチが訪れた場合にも、
副業で構築した基盤を活用し、転職するもよし起業することも
選択肢として考えられるため、あまり焦る必要もなくなる。

 

まとめ

いずれを選択しようが、結果的に自分自身で稼げるスキルや経験を
積むことができる為、将来的な不安へのリスクを回避できる。

 
結果、経済的な自由とゆとりある生活を送ることができる。

 

いかがでしたか?


今後のあなたのヒントになりましたか。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

HIROTO_C


sbm%e8%a1%a8%e7%b4%99

↑↑画像をクリックして登録する
インターネットビジネス初心者さん向け動画総数120本超で徹底解説!無料コンテンツをプレゼントします。

mail3_6

メルマガ読者数
2016年 9月-7,000名達成
11月現在8,720名

ブログランキング参加中!!


youtube-channel

twitter

▲トップへ戻る