AIDMAの法則で見込み客の購買プロセスを理解しよう!

VIP裏メルマガでは、表ではお伝えできないマル秘の情報を配信しています!
VIP裏メルマガ購読者限定の特典や独自コンサルティング企画等を順次お伝えしていきます。


【注 意】
※普段お使いのメールアドレスで登録して下さい。
※名前は、漢字(苗字のみOK)でお願いします。
※尚、このVIP裏メルマガはいつでも解除出来ます。


購買プロセスを理解できる! AIDMA(アイドマ)の法則 



 

AIDMAの法則で見込み客の購買プロセスを理解しよう!

 

消費者の購買決定プロセス

AIDMA(アイドマ)の法則とは1920年代にアメリカ合衆国の販売・広告の
実務書の著作者であったサミュエル・ローランド・ホールが著作中で示した
広告宣伝に対する消費者の心理のプロセスを示した略語。

1. Attention(注意)
2. Interest(関心)
3. Desire(欲求)
4. Memory(記憶)
5. Action(行動)

 

AIDMA(アイドマ)の法則は、
【認知段階】【感情段階】【行動段階】の3つの段階に区分されます。
 

それぞれの段階ごとに消費者(買い手)の心理は変わってきますので、

自ずと(売り手の)目標も異なる。

 

【認知段階】
■ Attention(注意)
   消費者(買い手)の状態:知らない、(売り手の)目標:知ってもらう。

【感情段階】
■ Interest(関心)
   消費者(買い手)の状態:知っているが興味がない、
 (売り手の)目標:興味、関心を持ってもらう。
■ Desire(欲求)
   消費者(買い手)の状態:興味はあるが欲しいとは思わない、
 (売り手の)目標:価値に共感してもらう。
■ Memory(記憶)
   消費者(買い手)の状態:欲しいと思うが動機がない、
 (売り手の)目標:購入動機植えつける

【行動段階】
■ Action(行動)
消費者(買い手)の状態:動機はあるが買う機会がない、
(売り手の)目標:買ってもらう、使ってもらるように促す。

 

AIDMA(アイドマ)の法則では、消費者の購買決定プロセスを知り、

消費者がどのような状況に位置しているのかを把握することで、

状況に適切な方法を検討・実施することができます。

 

しかし、消費者は個々において価値観や期待、コミュニケーションの基盤となる

知識レベルは違います。


そのため、同じコミュニケーションを行なった場合でも反応は異なります。

なので、「誰に向けたサービス」なのか、ターゲットの選定が重要な要素になります。

 

主に通販カタログ、チラシやオンラインショッピングで

効果がでているといわれています。

SnapCrab_NoName_2016-7-5_6-52-32_No-00

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

HIROTO_C


sbm%e8%a1%a8%e7%b4%99

↑↑画像をクリックして登録する
インターネットビジネス初心者さん向け動画総数120本超で徹底解説!無料コンテンツをプレゼントします。

mail3_6

メルマガ読者数
2016年 9月-7,000名達成
11月現在8,720名

ブログランキング参加中!!


youtube-channel

twitter

▲トップへ戻る