7つの心理トリガーを駆使した販売戦略

VIP裏メルマガでは、表ではお伝えできないマル秘の情報を配信しています!
VIP裏メルマガ購読者限定の特典や独自コンサルティング企画等を順次お伝えしていきます。


【注 意】
※普段お使いのメールアドレスで登録して下さい。
※名前は、漢字(苗字のみOK)でお願いします。
※尚、このVIP裏メルマガはいつでも解除出来ます。

 


7つの心理トリガーを駆使した販売戦略 

7つの心理トリガーを駆使した販売戦略について動画で解説しています。

 

マーケティング

人は、「感情で購入を決断し、後で論理的にその行動を正当化する」

と言われます。

結局、人の行動を決める大きな要因は「理性」ではなく「感情」で判断します。

 

セールレターやメルマガでのクリック率を上げるためには、

人間の心理を考えると効果的です。

 

そこで、コピーライティングのテクニックとして、

今回ご紹介する「7つ心理トリガー」を盛り込むという方法があります。

 

トリガーとは、拳銃の引き金の事を指しますが、人の感情に刺激を

与え行動を起こさせる役割を果たします。

 

7つの心トリガー

1.感情移入をさせる

2.価値を証明する

3.欲求を刺激する

4.権威性を示す

5.好奇心を引き出す

6.希少性をアピールする

7.ステータスを訴える

 

1.感情移入をさせる

商品やサービスへの感情移入は、
行動を起こすための大きなモチベーションになります。

感情を動かすためには、それを手に入れた場面を想像させるのが効果的で、ただ単に、商品やサービスの詳しい内容を説明するのではなく、それを手に入れた場合のベネフィットを具体的に
イメージさせることが最も重要です。

具体的なイメージが頭に浮かび、思わず感情が動いてしまうような文章を書ければ、効果は高まるはずです。

具体的なイメージを抱いてもらうためには、

画像や動画や音声などのコンテンツを交えて紹介することが
非常に効果的です。

例えば、5年間全く稼げなかったノウハウコレクターの場合、

ノウハウコレクターで全く稼げなかった方をモデルに、
「実践して、たった1ヶ月間で10万円稼げるようになりました」と、
実際の報酬発生画像やインタビュー動画を撮ってみてはどうでしょうか?

ブログやメルマガなどで情報発信し、URLリンクを案内すれば
同じように稼げない方にも希望と勇気を与えることができます。

 

2.価値を証明する

購入や申し込みを行う場合、人はその価格に値するだけの
価値があるかどうかを判断しながら、購買を決定します。

人を動かすために、価値を証明することは非常に重要であり、
行動につなげることができるかどうかを左右するポイントにも
なります。

価値を証明する方法

・価値を金額に換算する-「○万円相当」
「○万円分のサービスを○万円で販売」など
・他と比較して価値を示す-他者の類似した商品やサービスなど
・権威性を利用して価値を示す-「月収15万円の達成者5名」
「トップアフィリエイト○○氏の推薦」など

 

3.欲求を刺激する

感情を動かす心理トリガーとして欠かせないのが
人間の欲求です。
欲求を刺激する心理トリガーを活用して感情を動かす
テクニックは、リアルビジネスの世界でも多く使われています。

人間の欲求には、
「得をしたい」と「損をしたくない」など、二面性が考えられますが、どちらからのアプローチも非常に効果的です。
あなた自身のことを考えてみても、次のような表現に
心を動かされたことはあるのではないでしょうか?

・お得感を訴求-今なら○円引きなど
・数量を限定する-数量限定、○個限定特別割引、少人数制など
・期間を限定する-今日から3日間だけ特別価格など

 

4.権威性を示す

いくら価値を示して欲求を刺激しようとしても、
「本当だろうか?」「信用できるのだろうか?」と
疑う人が必ずいます。

そこで有効なのが「権威性」を示すことです。

権威性を示すことで、安心や納得につながり、
行動への後押しになることがあります。

・「起業家○○氏のお墨付き」「50人の講座受講者が絶賛」など
・医者や弁護士など社会的地位の高い人の声を使う
・「E-BOOK大賞受賞」「日本で最も売れている○○」など
賞や実績を示す

5.好奇心を引き出す

好奇心は、人の興味を引き付けるかなり強力な
心理トリガーのひとつです。
あなたの文章を読んで、
「何だろう?」「その先は、どうなるのだろう?」と
心が動けば、かなりの確率で行動を起こしてくれます。

例えば、
・サービスや商品を手にするとどうなるかという結果は
伝えながら、それを具体的には説明しない…。

・反対に、過程は全て見せておきながら、結果は伝えないと
いう方法もあります。

時にはあえて好奇心を募らせるような要素を残しておく
という方法も試してみてください。

 

6.希少性をアピールする

商品やサービスの「希少性」のアピールは、
そのまま効果的な心理トリガーになります。

人は「希少性の高いもの=価値の高いもの」と感じやすく、
手に入りにくくすることで、欲しくなってくるものです。
また、希少性の高いものだと言われると、それを所有することでの満足感やステータスを手に入れたいという心理も強く働きます。
・数の希少性を訴求-「10名様限定のコミュニテイ」
・タイミングの希少性を訴求-「今年、最後の募集」
・情報の希少性を訴求-「トップアフィリエイターしか知らない○○」

 

7.ステータスを訴える

商品やサービスの購入を検討している人に、
その良さをいくら説明しても効果が無い場合があります。
それは、商品やサービス自体ではなく、それを手に入れることで得られる「ステータス」に魅力を感じている場合です。

商品やサービスを手に入れることで得られる地位や名誉、
これらのステータスを訴えることで、
効果的に感情を動かすことができる場合は少なくありません。

ステータスを訴えるいくつかの表現

・トップアフィエイターたちが選んだ○○
・年収5億円の起業家も愛用の○○
・ハワイのコンドミニアムでの優雅な生活

 

今回のまとめ

文章作成に活用できる心理トリガーはたくさんありますが、
今回は、販売戦略のために活用できるものとして
下記の7つをご紹介しました。

・感情移入をさせる   ・価値を証明する
・欲求を刺激する     ・権威性を示す
・好奇心を引き出す   ・希少性をアピールする
・ステータスを訴える

どれも比較的活用しやすく効果的なものなので、
読者さん(見込客)に「行動してもらうこと」が目的であれば、
感情を動かすことは必須です。

この7つの心理トリガーを活用して、
販売戦略に活かしてください。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

HIROTO_C


sbm%e8%a1%a8%e7%b4%99

↑↑画像をクリックして登録する
インターネットビジネス初心者さん向け動画総数120本超で徹底解説!無料コンテンツをプレゼントします。

mail3_6

メルマガ読者数
2016年 9月-7,000名達成
11月現在8,720名

ブログランキング参加中!!


youtube-channel

twitter

▲トップへ戻る