4つのNOTを攻略手法

VIP裏メルマガでは、表ではお伝えできないマル秘の情報を配信しています!
VIP裏メルマガ購読者限定の特典や独自コンサルティング企画等を順次お伝えしていきます。


【注 意】
※普段お使いのメールアドレスで登録して下さい。
※名前は、漢字(苗字のみOK)でお願いします。
※尚、このVIP裏メルマガはいつでも解除出来ます。


コピーライティング 4つのNotの攻略法 



コピーライテングのテクニックを駆使して、

4つのNot(開かない、読まない、信じない、行動しない)の壁を乗り越える攻略法について解説しています。

 

4つのnotとは

商品を買ってくれる見込客は

1. セールスレターを開いて

2. 文章を読んで

3. その内容を信じて

4. 購入する決断をする

というプロセスをとります。

 

たとえ、1~3までうまくいっても最後の最後に購入する決断をしてもらえなければ

商品を買ってもらうことはできません。

 

そもそも、そのセールスレターを開いてもらえない、

つまり1でつまずいても商品は売れません。


なので、この1~4のプロセス全てを満たして初めて商品は売れるのです。

 

そのためには心理障壁と言われる4つのnotである

1. not open 開かない

2. not read 読まない

3. not believe 信じない

4. not act 行動しない

を全て乗り越えて行かなければなりません。

 

1.not open(開かない)

メールやセールスレターを開かないということです。

4つのnotのうち、最初に超えねばならない壁です。

 

メルマガで商品のセールスレターを読者(見込み客)に配信して、

メルマガで案内するセールスレターのURLをクリックしてもらうことがnot openの攻略ですが

そもそもメルマガ自体が開封してもらえなければ意味がありません。

 

なので、メルマガで商品を売る場合はまず、メルマガとセールスレターの

2つのnot openを攻略する必要があります。

 

2.not read(読まない)

セールスレターを開いてもらえたら、次にセールスレターを読んでもらわねばなりません。

しかし、見込み客は自分に必要のない情報だったりつまらない情報だと判断したら読みません。

 

セールスレターにどんなに良いことを書いても読んでもらえなければ商品は売れないので

not readは攻略していく必要があります。

 

3.not believe(信じない)

not open,not readの壁を超えてセールスレターを読んでもらえた場合、

今度はnot believeの壁が立ちはだかります。

 

セールスレターにすごく良いことが書いてあるとしても

それを信じてもらえなければ購入してもらえません。

 

例えば

「1日たった30分実践するだけで、毎月10万円の報酬が得られます!!」

とセールスレターに書いてもそれを見込み客が信じてくれなければ

セールスレターを閉じられてしまいます。


なので、信じてもらうための仕掛けが必要になります。

 

4.not act(行動しない)

セールスレターを開封してもらい、読んでもらい、

そして内容も信じてもらえたとしても

最後にnot actという壁を超えなければ商品を購入してもらい報酬を得ることができません。

 

この最後の購入をためらってしまうという見込み客はかなりいる可能性があります。

 

そこで最後の最後にnot actを超えてもらう、

つまり購入ボタンをクリックしてもらう必要があります。

 

これらの4つのnotを乗り越えることができる文章が書ければ

必ず商品の成約率は上がってきます。

 

4つのNotの攻略法について

1.not openの攻略

メルマガ内でセールスレターを配信した場合、

そもそもメルマガ自体を開いてもらう必要があります。

 

メルマガであれば開いてもらうために

到達率の高いメルマガ配信スタンドを利用するのが効果的です。

 

メルマガの配信スタンドによっては、ほとんどが読者の

迷惑メールボックスに入ってしまうようなところもあります。

 

迷惑メールボックスに入ってしまうとメールの開封率がぐっと下がってしまいます。

 

※詳しくは、別の動画で私が推奨するメルマガ配信スタンドを解説していますので、ご覧になってください。

 

2.not readの攻略

本文を読んでもらうには魅力的な関心を引きやすいキャッチコピーをつけるのが効果的です。

・読んだ人のメリットやベネフィットになるようなコピー

・続きが気になるようなコピー

この二つを意識してヘッドコピーや小見出し(サブヘッド)を書いていきましょう。

 

※ヘッドコピーやサブヘッドの書き方については、別の動画(GDTの法則)で

紹介していますのでご覧になってください。

 

3.not believeの攻略

下記の2つの商品に対する正しい知識や実績を証明して文章の信頼性を上げる

という方法が効果的です。

・知識を証明する

・実績を証明する

 

知識を証明する

販売する商品、またはそのジャンル全体に対する膨大な知識を証明することで

「この人が紹介するのだったら間違いない」と信頼してもらうことができます。

例えばダイエット商品を売るのであれば、圧倒的な質と量のダイエットに関する

知識を持っていることを証明します。

 

実績を証明する

「この商材は、上半期売上ランキング1位の商品です!!」といった商品の実績を証明することで、

見込み客に「この商品の効果は間違いなく良いものだろう」と信じてもらうことができます。

 

稼ぐ系商材を売っているアフィリエイターの多くが「月数百万円稼いでます」

と大々的にアピールしていますがこれも実績の証明です。

 

このように両方を証明できるとnot believeの壁を越えさせることは、それほど難しくはありません。

 

4.not actの攻略

なかなか購入に踏み切れない人の背中を押して上げるために何をするべきか?

希少性や緊急性をアピールすることで

「すぐに行動しないといけない」と思わせることで乗り越えさせるというのが効果的です。

 

特に日本人は期間限定や個数限定という言葉に弱い国民性でもあります。

 

商品購入の期限を設けることでnot actからactに意識を変えるという、

見込み客の背中を押すというのが効果的です。

 

今回、解説したようにコピーライティングの4つのnotを乗り越えると

あなたの報酬は右肩上がりにどんどん増えていきます。

 

最後に

今回の内容を意識して

メールやセールスレターを開封してもらい、読んでもらい、

そして内容も信じてもらい最後に購入してもらえる文章を習得しましょう!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

HIROTO_C


sbm%e8%a1%a8%e7%b4%99

↑↑画像をクリックして登録する
インターネットビジネス初心者さん向け動画総数120本超で徹底解説!無料コンテンツをプレゼントします。

mail3_6

メルマガ読者数
2016年 9月-7,000名達成
11月現在8,720名

ブログランキング参加中!!


youtube-channel

twitter

▲トップへ戻る