7つの習慣 書籍の概要

VIP裏メルマガでは、表ではお伝えできないマル秘の情報を配信しています!
VIP裏メルマガ購読者限定の特典や独自コンサルティング企画等を順次お伝えしていきます。


【注 意】
※普段お使いのメールアドレスで登録して下さい。
※名前は、漢字(苗字のみOK)でお願いします。
※尚、このVIP裏メルマガはいつでも解除出来ます。


7の習慣に学ぶ成功術 著書の概要

著書:7つの習慣の概要について動画で解説しています。

→ 書籍:7つの習慣はこちら

7つの習慣

「時間がない」
私たちは何度、この言葉をつぶやいてきたでしょう。

・時間さえあれば、もっと成果が出せるのに
・時間さえあれば、もっと家族と過ごせるのに
・時間さえあれば、もっといい人生が送れるのに

7つの習慣には、
「時間がない」という悩みを解決するための考え方について解説されています。
全世界で3,000万部のベストセラーの著書「7つの習慣」
スティーブン・コヴィー博士が、著書の中で紹介している
第3の習慣「重要事項を優先する」では、
私たちの時間管理について述べています。

「重要事項を優先する」ために必要なことは、
あなたが人生の「ミッション」を見つけること。

そして、ミッションに向けて「行動」することが最も大切なのです。
ミッションがない人は、やたらと予定を詰め込んだり、
忙しいこと自体に満足してしまうことになります。

また、ミッションがあっても行動できない人は、
夢と現実の差に苦しむことになります。

 

例えば、

・今の仕事が忙しくて、子供と十分に過ごす時間が持てない
・手際が悪くて家事をこなすのに精いっぱい
・夢はあるけど、そのための時間が取れない

せめて1日が25時間だったら・・・・ 。
・誰にも邪魔されずに自分だけの時間を有効に使いたい
・もっと、物事を要領よくこなすことが出来る方法が知りたい

おそらく、そんな切実な気持ちで、
これまで多くの時間管理術の本を読み、
セミナーに参加してきた方もいるのではないでしょうか。

 

それらの方法で、本当にあなたの人生は変わりましたか?

どんなに完璧なスケジュールを立てたとしても、
未来は常に予測不可能なドラブルが存在します。

どんなに効率よく物事をこなす方法を身につけても、
前より一層多くの無理難題が降りかかってきます。

あなたは、過去にそんな経験をする度に、
「こんなはずじゃなかった」と思ってきたのではありませんか?

しかし、「時間を効率的に管理することは、出来ません」
何故なら、時間はただ過ぎていくだけで、
私たちにはコントロールすることはできないからです。

 

時間管理術の答えは

「何が自分にとって本当に一番大切か」
「どの方向に向かって進むべきなのか」
を判断できる【習慣】を身につけること。

そして、人生のバランスを保つことです。

知らない方のために、『7つの習慣』について説明します。

 

著書『7つの習慣』の概要

「7つの習慣」は、世界で最も影響力のあるビジネス思想家の一人、
スティーブン・R・コヴィー博士によって書かれ1989年に出版された書籍です。

その販売部数は、全世界で3,000万部で、
日本では190万部を突破するというベストセラーとなっています。

コヴィー博士は、米国建国以来200年間に成功した人々の文献を調べ、
その結果、本当に満足した人生を送るためには、表面的なスキルやテクニック
ではなく、人間の内面にある謙虚、勇気、正義、勤勉、節制などの
人格的な資質を獲得する
「人格主義」が大切であるという結論に至りました。

 

コヴィー博士は、依存から自立への成長する私的成功のための習慣として、
第1の習慣「主体性を発揮する」
第2の習慣「目的を持って始める」
第3の習慣「重要事項を優先する」の3つを紹介しています。

そして、第1から第3の習慣によって自立し、
相互依存の土台ができた人間が公的成功を実現するための習慣として、
第4の習慣「Win-Winを考える」
第5の習慣「理解してから理解される」
第6の習慣「相乗効果を発揮する」を挙げています。

そして、その第1~第6の習慣を実行するために
第7の習慣「刃を研ぐ」が必要だとしています。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

HIROTO_C


sbm%e8%a1%a8%e7%b4%99

↑↑画像をクリックして登録する
インターネットビジネス初心者さん向け動画総数120本超で徹底解説!無料コンテンツをプレゼントします。

mail3_6

メルマガ読者数
2016年 9月-7,000名達成
11月現在8,720名

ブログランキング参加中!!


youtube-channel

twitter

▲トップへ戻る