第3の習慣:重要事項を優先する(自己管理の原則)

VIP裏メルマガでは、表ではお伝えできないマル秘の情報を配信しています!
VIP裏メルマガ購読者限定の特典や独自コンサルティング企画等を順次お伝えしていきます。


【注 意】
※普段お使いのメールアドレスで登録して下さい。
※名前は、漢字(苗字のみOK)でお願いします。
※尚、このVIP裏メルマガはいつでも解除出来ます。


7つの習慣に学ぶ成功術 重要事項を優先する


著書:7つの習慣 第3の習慣「重要事項を優先する」について動画で解説しています。
→ 書籍:7つの習慣はこちら

第3の習慣「重要事項を優先する」

時間は、万人に平等に与えられた、ただ唯一のもの!

特に、ビジネスの場においては時間管理の優劣が、
成果に大きな影響を及ぼすケースがあります。

コヴィー博士は、『時間管理のマトリックス』という考え方を述べています。

 

時間管理のマトリックス(概念図)

時間管理について、重要度の大小と緊急度の大小とを
4つの領域に分けて示したものです。

snapcrab_noname_2016-1-10_13-13-5_no-00

時間管理のマトリックス

①第一の領域 緊急度も重要度も高い領域。
早急な対応を要求し、 なおかつ大切な結果と結びついているため、
早急な対応が必要な出来事。(例:締め切りのある仕事、クレーム処理など)

②第二の領域 緊急度は低いが重要度が高い領域。
常日頃から考え行っていれば、 生活の質や仕事の結果を著しく向上させる活動。
(例:ビジョンの設定、人間関係づくり、長期的な計画、準備など)

③第三の領域 緊急度が高く、重要ではない。
(例:突然の来客、多くの電話や会議、無意味な付き合い等)

④第四の領域 緊急度が低くと重要ではない。
(例:暇つぶし、長電話等)

~7つの習慣より引用 ~

 

特に第4の領域が多い方は気を付けてください。

あなたは、第一の領域と第三領域に多くの時間を費やしていませんか?

第ニの領域にある計画と準備の時間を増やすことで、
第一と第三の時間が短縮でき仕事の効率化が図れます。

 

コヴィー博士の言葉

『大きな成果を出す人は、問題に集中するのではなく、機会に集中している』
とあります。

第一の領域の問題にばかり時間を割くことを避けるために、
第二の領域の機会に時間を費やし、結果として問題を減らすことになり、
高い成果を出すことが可能といえます。

 

ネットビジネスに応用してみよう!

■第二領域を優先する

・目標設定した内容の優先順位を決める

・マーケティング戦略と戦術の立案

・週単位での行動計画と進捗管理

・健康管理

 

自立~相互依存へ

第4、第5、第6の習慣は、「相互依存」を実現するための習慣であり、
第1、第2、第3の習慣の土台が あって成り立つものです。

コヴィー博士は、
「本当の意味での『自立』という土台があって初めて効果的な『相互依存』が
築けるということを心に留めておいてほしい」 と述べています。

~7つの習慣より引用~

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

 

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

HIROTO_C


sbm%e8%a1%a8%e7%b4%99

↑↑画像をクリックして登録する
インターネットビジネス初心者さん向け動画総数120本超で徹底解説!無料コンテンツをプレゼントします。

mail3_6

メルマガ読者数
2016年 9月-7,000名達成
11月現在8,720名

ブログランキング参加中!!


youtube-channel

twitter

▲トップへ戻る