nikkanCare.ism  働く男を応援するライフスタイルマガジンのご紹介

主に20代~50代までの男性を対象に
生活全般の情報を配信しているサイト。

20数名の各分野のライターが、トレンドな情報を
コラムとして記事を投稿しており、
新しい気づきを得られるサイト構成になっています。

興味がある方は、こちらからご覧ください。
⇒ http://nikkancareism.jp/

今日は、当ブログのテーマにピッタリな一つの記事を
見つけましたのでご紹介します。

現在、私達が置かれている環境と将来の不安に対する
ヒントが隠されている記事内容になっています。

多少、長文になりますがご覧ください。

コラム名:40代からはじめる「会社に依存しない自分」のつくりかた

あなたは、自分が働く会社の“寿命”について意識したことはありますか?
創業30年を迎えたソフトバンクが、次の30年間、何のために事業を行い、
どのような世界を実現していくのかについて示した “ソフトバンク新30年ビジョン”によれば、企業の99.98%はこの30年以内に消えると予測されています。

たとえ、勤務先の企業が終身雇用を約束しようと、
現実問題として、30年後には、ほとんどの企業は世界から消えているのです。

一方で、昨今の定年延長の流れから考えれば、
今後は、70歳前後まで現役で働き続けるのが当たり前の時代になるでしょう。

個人のキャリアの“寿命”が、会社の“寿命”を上回る時代が到来しているのです。

もし、あなたの年齢が現在40歳だとしたら、70歳の定年まで一つの会社で勤め上げる
のは、ほとんど不可能に近いと言えるかもしれません。

今や、一つの会社で職業人生を終えるのは、とても現実的とは言えないのです。

それでは、これからの時代を生き抜くために、私たちはどのようなことを意識し、
主体的なキャリアを築いていけば良いのでしょうか。

 

■会社に頼らずに稼ぐ能力を身につけよ

また、これからの時代は、会社に頼らず、個人で稼ぐ能力を身につけることも
必要となってくるでしょう。

現代において、多くの人々が、日々不安に駆られながら毎日の生活を過ごしていますが、
不安の原因は社会にあるのではなく、会社に依存する自分にあるのです。

会社に頼らず、生きていく自分をつくるには、本業以外の副収入を持つことも重要です。
収益源を分散し、多角化することで、人生のリスクヘッジとすることができます。

サラリーマンは少額でもいいので、副業を行うことで、
会社に頼らず稼ぐ“練習”をすべきなのです。

 

■副業を容認する企業も増えている

意外なことに、社員の副業について、法律上、明確な禁止規定はありません。
会社に勤めているのなら、勤務時間内は会社にしっかり貢献しなければなりませんが、
それ以外の時間は、基本的には個人の自由です。
また、副業を容認する企業も増加しており、たとえば日産は自動車大手で初めて副業を容認。
減産による臨時休業日に限り、社員の副業を認めています。
さらに、キヤノンも業務に支障がないことを条件に副業を容認していますし、ブリヂストン、
デンソー、花王などは就業規則に禁止事項自体がありません。
また、インテリジェンスが22歳~39歳の正社員を対象に行った調査でも、
5人に1人がダブルワークをしていることが明らかになっており、
今後は、本業プラス副業がますます当たり前の選択になりそうです。

 

■最後に

サラリーマンといえども、“自立”が求められる現代社会。
漠然と未来を迎えれば、孤独で貧しい人生が待ちかまえているかもしれませんが、
主体的に未来を描くことで、自由で創造的な人生を楽しむことができるはずです。
どちらの人生になるかは、今後のあなた次第です。

“会社に依存しない自分”をつくり、無敵のミドルライフをつくっていきましょう。

(nikkanCare.ism 働く男を応援するライフスタイルマガジンより引用)

 

 

上記のコラムを読まれて、あなたはどのように感じましたか?

私も含めて、真剣に考え行動する時期に来てるのではありませんか。

この記事を読まれて、ご意見・ご相談等ございましたら
コメント欄または、トップページ右上の問い合わせより
メッセージをお寄せください。

本日はお読みいただきありがとうございました。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

HIROTO_C


sbm%e8%a1%a8%e7%b4%99

↑↑画像をクリックして登録する
インターネットビジネス初心者さん向け動画総数120本超で徹底解説!無料コンテンツをプレゼントします。

mail3_6

メルマガ読者数
2016年 9月-7,000名達成
11月現在8,720名

ブログランキング参加中!!


youtube-channel

twitter

▲トップへ戻る