『人生で起こること すべて良きこと』 著者 田坂 広志 氏

『人生で起こること すべて良きこと』

久しぶりに良い本に巡り合えましたので、ご紹介します!

この著書は、個人のスキルだけではなく、マインドも鍛えられる本になります。
心の技法と言いながら、他のハウツウ本のように表面的なスキルを伝える内容に
なっていないところが本当に素晴らしいです。


スキルの裏側にある本質としてのマインドと心の在り方について表現されています。

あなたも、表面的なスキルを学ぶことに終わりを告げましょう!

どうぞ目次をご覧ください。

⇒著書情報はこちらから

       目  次

・「逆境」を越える「究極の言葉」とは何か

・なぜ、我々は、逆境に「正対」できないのか

・誰も大声では語らない「人生の真実」とは何か

・なぜ、日本人は、「逆境」を尊いものと思うのか

・人生の分かれ道で、真に「運命」を分けるものは何か

・なぜ、「成功」や「勝利」のとき、我々は学べないのか

・なぜ、「自己嫌悪」の深い人間が成長するのか

・何が、出来事の「意味」の解釈を誤らせるのか

・なぜ、尊大に振る舞う人は、自信が無いのか

・なぜ、我々は、「エゴ」を捨てるべきではないのか

・「厄介なエゴ」に処する「ただ一つの技法」とは何か

・人間の本当の「強さ」とは何か

・誰の中にもいる「静かで賢明な自分」とは何か

・自分の中の「静かで賢明な自分」と対話する技法とは何か

・なぜ、生々しい感情を書くと、深い思索が始まるのか

・なぜ、自己嫌悪の極みで、「自己肯定」の心が生まれるのか

・なぜ、「内省日記」が「カウンセリング」を超えるのか

・なぜ、他人に対して「嫌悪感」を感じてしまうのか

・「好きになれない人」を、好きになる技法とは何か

・なぜ、陰で「感謝」をすると、心が強くなっていくのか

・どうすれば、「偶然の出来事」に「意味」を感じ取ることができるのか

・なぜ、その人との「縁」を見つめると、人間関係が好転していくのか

・どうすれば、「静かで賢明な自分」が現れてくるのか

・なぜ、「感謝」は、すべてを癒すのか

・なぜ、「病」とは、「良き知らせ」なのか

・なぜ、「生死の体験」が、人間を大成させるのか

・なぜ、我々は、「いま」を生きていないのか

・なぜ、「今日が最後の一日」と思い定めると、才能が開花するのか

・なぜ、「死生観」を掴むと、「直観」が鋭くなるのか

・なぜ、「使命感」を持つと、出来事の「解釈」を過たないのか

・なぜ、肉親を失ってから、最も深い「対話」が始まるのか

・自分の人生の最期に、何が起こるのか

『人生で起こること すべて良きこと』著書より引用

 

 
この記事を読まれて、ご意見・ご相談等ございましたら
コメント欄または、トップページ右上の問い合わせより
メッセージをお寄せください。
 

本日は最後までお読みいただきありがとうございました。

 

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

HIROTO_C


sbm%e8%a1%a8%e7%b4%99

↑↑画像をクリックして登録する
インターネットビジネス初心者さん向け動画総数120本超で徹底解説!無料コンテンツをプレゼントします。

mail3_6

メルマガ読者数
2016年 9月-7,000名達成
11月現在8,720名

ブログランキング参加中!!


youtube-channel

twitter

▲トップへ戻る