新たな考え方 『ブレイクスルー思考』とは!

 

今日は、新しい思考法についてお話しさせていただきます。

『マイナス思考』でもなく『プラス思考』でもない

 

 

『ブレークスルー思考』という第三の思考法!

 

あなたも、良く『マイナス思考ではなくプラス思考で物事を考えましょう!』

という言葉を聞いたりしませんか?

 

確かにマイナス思考よりプラス思考で生きていくことが、

私たちにとって、明るく充実した毎日をもたらしてくれる

ことに間違はありません。

 

ところが、いつもプラス思考で物事を考えることのできる人は、

それほど多くありません。

 

あなたも、時々マイナス思考にとらわれ、

『もう、ダメだ』『どうせ頑張っても無駄だ』などと思い込み、

物事を投げ出したくなってしまいませんか?

 

何故なら、人間の心には表と裏があり、心の表面を強制的に

どちらかの方向に向けようとすると 心の奥では、

その力に対する反発が生じて、それとは逆の方向へと

向きたがることが少なくないからです。

 

例えば、ダイエットを始めると、急に食べ物が欲しくなったり、

甘いものが恋しくなります。

喫煙者が禁煙すると、ますますタバコが吸いたくなります。

 

人間として生きる限り、時にはマイナス思考になってしまうのは

当然であり、現実にはマイナス思考とプラス思考の間を行ったり

来たりしながら毎日生活しているのが、ごく普通の生活だと思います。

 

ところが、世の中には、

『どうしてもプラス思考ができず、マイナス思考ばかりにとらわれてしまう』

という方々や

『プラス思考で頑張っているのに、いまひとつ充実感に乏しい』

と感じている方々も少なくありません。

 

要するに、いずれかに偏り過ぎても、良くないということです。

 

世の中の出来事を『プラス』『マイナス』という見方をしないで、

『すべての物事はプラスであり、本質的にマイナスなものは存在しない』

と思い込むことが大切です。

 

『目の前の壁を乗り越える』という考え方ではなく、

『目の前の壁そのものに価値がある』と考える思考法が

ブレークスルー思考です。

 

要するに、ブレークスルー思考法とは、すべての物事に意味と価値があり、

表面的には失敗、挫折、不運のように見えることも、

すべて自分の成長のために用意されている 順調な試練であるという

信念を持つことによって、試練に挑戦するだけで、

乗り越えたのと同じ価値があると考えながら、

人生の試練を乗り越えていこうとする思考法です。

 

もっと、詳しく知りたい方は、

飯田 史彦 氏の著書『生きがいの創造』を購読されてはいかがでしょうか。

⇒ [完全版]生きがいの創造 (PHP文庫)

きっと、良い気づきが得られます。

 

 

この記事を読まれて、ご意見・ご相談等ございましたら

コメント欄または、トップページ右上の問い合わせより

メッセージをお寄せください。

 

本日はお読みいただきありがとうございました。

Comment

  1. Yoppi より:

    HIROTOさん。

    こんばんはYoppiです。

    マインドのお話は、興味深いですね。

    【ブレークスルー思考】ということばは、初めて聞きました。

    こどもたちに、ときどき、

    「やる気ではなくて、くせにしたほうがいいよ~」と、

    声を掛けるのですが、あながち間違ってなかったかも…^^

     

    また、読ませてください。

    応援ポチ完了です!

    Yoppi

    • HIROTO より:

      yoppiさん

      早速のご訪問ありがとうございます。

      ブレークスルー思考は、特に困難な状況に

      陥った時に、新たな道を探す時に

      役立つ考え方です。

      記事を書きながら、自分に言い聞かせています。

      これからもお互いに頑張りましょう!

      宜しくお願いいたします。

       

       

       

       

       

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

HIROTO_C


sbm%e8%a1%a8%e7%b4%99

↑↑画像をクリックして登録する
インターネットビジネス初心者さん向け動画総数120本超で徹底解説!無料コンテンツをプレゼントします。

mail3_6

メルマガ読者数
2016年 9月-7,000名達成
11月現在8,720名

ブログランキング参加中!!


youtube-channel

twitter

▲トップへ戻る